買取と下取りとでは全く意味が異なる

中古車を売却する時によく質問されるのが、買取と下取りの違いについてです。
この2つを混同して考えている人が多くなっていますので、それぞれを理解し、どちらが本当にお得なのかを考えてみるようにしましょう。

買取というのは、文字通り現在乗っている車を買取ってもらうこととなります。
つまり、貴方が乗っている車を売ることによって、現金化するということになります。

それは異なり下取りというのは、今乗っている車を現金化するというものではありません。

自動車ディーラーなどで新しくクルマを購入する時に、今乗っている車をその新車購入の代金の一部として充てるものとなります。
このことから購入代金から今乗っている車の価値を差し引いた金額というのが、新車購入の代金ということになります。

下取り価格というのは買取価格とはかなり違ってきます。
買取の場合におきましては買取専門店で査定をしてもらい、その金額が割り出されます。その時の査定額につきましては、車の状態や、オークションにおいての相場に左右されることとなるのです。



トラックバックURL

http://kurumakaitori-bible.com/car/26/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>