車買取の実態

車買取業者の中には詐欺行為をしている業者もある

車の買取をしてもらう時の詐欺で最も注意をしたいのが、支払い上で行われることとなる詐欺なのです。

車を売却することが出来たのにも関わらず、そのお金が支払われないと言うことがありますので注意が必要です。
また、詐欺と呼ぶには少々違うものとなりますが、詐欺まがいなケースとして下記のようなことが実際に行われていますので頭に入れておくようにしましょう。

<<最近頻発しているケース>>
大手の買取専門店に依頼をして、実際に車を売却した時に起こった実例となります。
その売却先というのは大手の買取専門店の加盟店であり、誰もが良く知っている業者です。車買取で車を引き渡した後に、いざ支払いの段階になった時に、その売却先のお店が経営不振で閉店をしてしまいました。

こうなりますと、車を手放したのにも関わらず、お金が支払われないということが考えられます。
そして取引先となる大手買取専門店にその旨を相談したとしましても、加盟店につき対応をすることは出来ないという返答だったらしいのです。

このようなことは実際に起こったケースであり、実際のところ多くの被害が報告されているのです。


車査定の前に根本的なところは修理をする

車の買取の査定というのは基本的に面倒くさいものですので、つい一つの業者だけで終わってしまうこともあるかと思いますが、他業者でも査定金額を見積もってもらい、それを競合させることで、買取金額はというのは大きく左右されます。

また、買取店が欲しがっている車、つまり特定のお客様から問い合わせがあり、もし入荷することが出来ればすぐに売れることがわかっている車と、貴方がこれから売ろうとしている車がマッチすることによって、通常では考えられないほどの金額が付くことがあります。

つまり数多くの業者に査定を依頼することによって、最初に提示された金額よりもさらに高額買取をしてもらうことが出来るというワケです。

車種やグレードは当たり前ですが、ボディーカラーや走行距離でも査定額は大きく変わってきます。
しかし当然のことながら今さらどうこうできるような問題ではありません。
このことから車を売却する時には最も根本的なところはしっかりと直して査定をしてもらうようにしましょう。


車買取で委任状が必要となるケース

委任状というのは車の名義変更をする際に本人が立ち会うことが出来ない時に、代わりに誰かに依頼をするという正式に記した書面となります。
つまり、自分以外の誰かに任せてあるということを、この委任状によって証明することとなります。

<委任状が必要となるケース>
委任状が必要となってくるのは、車を買取してもらう時に、その車の名義である本人がいないケースとなります。

車を買取ってもらうということは、名義が変更されることとなります。これは変更する人、またされる人両者が行わなければならないものとなりますが、場合によりましては不可能なこともあるのでご注意ください。

また本人がその場にいなく、名義変更をしなければいけない時にも委任状が必要となります。
つまり名義変更の手続きを誰かに代行してもらうということになったケースで、必要となるということです。


車買取をしてもらう時の手数料

車買取にはいろいろな手数料が発生することとなります。
それは一般的に必ず必要となる手数料と、代行してもらうための手数料に分けることが出来ます。

車の買取をしてもらう時に、必ず発生してしまう費用というものがあります。
特に名義変更のための費用というのは、各役所へ申請して行うこととなりますので、必ず必要なものであり、決して割引になったりするようなことはありません。

しかしこの手数料は多くの場合には税金となっており、さらに各都道府県によって異なっています。
ですので地域によりましては安くなることだってあります。

車買取の手続きを自分でやらないで誰かにやってもらいますと、通常の手数料以外にも代行業者への料金が必要となります。
このことから自分で手続きを全てやる時と比較をして、手数料は間違いなく高く付いてしまうことになります。


買取と下取りとでは全く意味が異なる

中古車を売却する時によく質問されるのが、買取と下取りの違いについてです。
この2つを混同して考えている人が多くなっていますので、それぞれを理解し、どちらが本当にお得なのかを考えてみるようにしましょう。

買取というのは、文字通り現在乗っている車を買取ってもらうこととなります。
つまり、貴方が乗っている車を売ることによって、現金化するということになります。

それは異なり下取りというのは、今乗っている車を現金化するというものではありません。

自動車ディーラーなどで新しくクルマを購入する時に、今乗っている車をその新車購入の代金の一部として充てるものとなります。
このことから購入代金から今乗っている車の価値を差し引いた金額というのが、新車購入の代金ということになります。

下取り価格というのは買取価格とはかなり違ってきます。
買取の場合におきましては買取専門店で査定をしてもらい、その金額が割り出されます。その時の査定額につきましては、車の状態や、オークションにおいての相場に左右されることとなるのです。


アメ車だからこそ高価買取をしてもらうために複数社へ依頼

アメ車を少しでも高く売買い取ってもらうためには、1社のアメ車買取専門業者だけに決めてしまわないことです。

車を買取してもらう時に、少し手間を掛けることで、数十万円以上の差が生じることはよくある話です。
これは本当の話ですが、車買取業者によりまして見積りが異なってくるのです。

このことから複数の車買取業者から見積りを依頼することの可能な車一括査定サイトの利用が断然便利なのです。
無料で利用することができ、さらに同じ条件で複数の車買取業者で査定をしてもらうことが出来るのです。

一つの車一括査定サイトの場合ですと、自分の住んでいるエリアによりまして、査定可能な車買取業者が一件しか見つからないことがあります。

とにかくアメ車を高く売るためには一社でも多くの車買取業者さんに査定してもらう方が、高く売れる確率はその分高くなります。
ですので複数の車査定一括サイトを利用してみると良いかもしれません。


何件かの業者に車買取査定

これまでは下取りが主流とされていましたが、最近におきましては買取専門店の人気の方が断然高くなっています。
その理由としましては、ズバリ買取専門店の方が高値が付くことが多いからです。

デイーラーの査定というのはマニュアルに従って、車の年式や走行距離、また事故歴などを減点方式でチェックをしていきます。
しかし買取専門店におきましては、市場での人気の高さなどといったことが査定金額に反映されることとなるのです。

人気が高いモデルでしたら、想像以上の高値で買い取ってもらうことだってありますし、デイーラーでは値段がほとんど付かない車種だったとしましても買取してもらる事も十分にあるのです。
この理由は買取専門店が幅広い販売方法を行なっているからなのです。
販売の主流となるのはオートオークションとなります。

一般的に需要が少ない車だったとしましても、欲しいと思っている人に向けてアピールをすることが出来るのです。
中でも特に重要となってくるのが何件か買取専門店で査定をしてもらうということとなります。


中古車査定の概算価格について

■中古車査定の概算価格

中古車査定の概算価格というのは、愛車と同様の色でグレードと走行距離が似ているような中古車の販売価格を確認することですぐに知ることが出来ます。中古車掲載サイトなどを参考にして調べてみると良いでしょう。

 

■車の買取概算価格の算出方法

愛車と同様の色でグレードと走行距離が似ている中古車の販売価格の平均価格から「30%?50%」引いた価格というのが買取概算価格のおおよそとなります。しかし概算価格というのが買取金額とは限らないのが買取査定のポイントということになります。

 

■買取店においての査定額の仕組み

買取店の査定額というのは、業者向けオークションなどの流通価格のデータを参考にしています。買取した車をオークションで売却した差額というのが利益に繋がるというワケです。ですのでなるべく安く買取りをしたいのが買取店の本音ということですので、上手く叩かれないようにご注意ください。


中古車査定の相場を全国のデータから知る

「あまり車に乗る機会が少なくなった」「だいぶ古くなったので買い換えたい」「都内に引っ越すことになって車が必要なくなった」「駐車料金の支払いが大変だから車を売りたい」などといった理由で、車が不要になった時貴方でしたらどうしますか?

車の処分方法には、オークションや知人に売る、下取り、中古車買取業者に買取をしてもらうなど様々な方法が考えられます。
中古車を手放す時に最も気になってしまうのが、やはり自分の車がいくら位で売ることが出来るのかという相場です。
どのような方法で売るにしろ、予め自分の車の相場を知っておくことが大切です。

しかし自分の車はどの業者が最も高価で買取ってくれるのか?どの買取業者に引き取ってもらうか?などなどたくさんの買取業者から最適な業者を選ぶのは正直言って大変なことです。
そのような時には中古車買取査定サービスを提供しているインターネットサイトを利用してみましょう。
これらのサイトにおきましては、全国のオークションデータなどを元にして査定相場を算出してくれるので大変便利です。


車の下取りよりも買取査定の方が高くなる

車の売却方法というのは、下取りをしてもらう以外にも方法は考えられます。
例えば、ディーラーとは全く別の買取業者に依頼をして、車を買取ってもらうという方法が挙げられます。

この買取査定というのと下取り査定を比べてみますと、実は買取査定を依頼した方が、下取り査定と比較をして10万円以上も高値が付いてしまうなんてこともあるのです。

当サイト管理人も最初は「え?そんなんだ」と車のディーラーをしていた友人の話を聞いて驚いたことを覚えています。
実際、かなりの営業成績を収めていたその友人の話でしたので信じるしかありませんでした。

その秘密が中古車買取の世界の方が、下取り査定と比較をして車を販売していくルートが非常に多く存在しているからなのだそうです。


次のページ »